“密輸入仲間”の読み方と例文
読み方割合
ぬきやなかま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして彼は四、五年前にも、新鋭の銃器何千を、外船から密輸入した時、その折海の上で働いていた密輸入仲間甲比丹の三次という名が重きをなしていたことを思いだした。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)