“兄事”の読み方と例文
読み方割合
けいじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頭脳の明晰と相まって、その心は広く厚く、老成した君子のおもかげがある。広太郎ほどの人間でも、舞二郎には一目置き、むしろ兄事しているのである。
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
大河に気おくれして仕事がにぶってもならないし、かといって、大河に心で兄事することを忘れてもならない。
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
この老実のすは、今は四年の昔間貫一兄事せし同窓の荒尾譲介なりけり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)