“健固”の読み方と例文
読み方割合
けんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はせわしいおかげでますます健固、また、諸侯寄進のおちからで、どうやらわしの寝所もこのとおりできかかっている」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
銀座の山崎なぞは暴利を貪るのみにて、縫目あるいはボタンのつけ方健固ならず。これ糸を惜しむ故にして、日本人の商人ほど信用を置きがたきはなし。
洋服論 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
「さらば。そちも健固に」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)