“借越”の読み方と例文
読み方割合
かりこし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
されば、宮中はますます窮迫して借越が重なり、三年も四年も後のものを使用せねばならぬほどになった。
にらみ鯛 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)
毎々借越にのみなるのであったが、暖簾名婦人と肩を並べるほど売れるので、内証でい顔もしないで無心に応じてはいたけれども、応ずるは売れるからで
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
借越のパンを差し上げるのも致方がございません。4875