“伝国”の読み方と例文
読み方割合
でんこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「彼の手には、伝国玉璽がある。それでだろう。——しかし、衆口のささやき伝える力のほうが怖しい。実現するかもしれないな」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小人を抱いて罪あり、例の孫策が預けておいた伝国玉璽があったため、とうとうこんな大それた人間が出てしまったのである。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
淮南袁術も一時は自ら帝位を冒していましたが、自製皇帝の位も持ちきれなくなり、兄袁紹へ例の伝国玉璽を贈って、兄に皇帝の名を取らせ、自分は実利をせしめんものと
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)