“伊助”の読み方と例文
読み方割合
いすけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ほら、ここにある。前原伊助宗房、中小姓、兼金奉行、十石三人扶持——。」
口笛を吹く武士 (新字新仮名) / 林不忘(著)
旗本と云っても小身であるから、伊助という中間ひとりを連れて出た。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
伊助
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)