“仕切戸”の読み方と例文
読み方割合
しきりど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かっとをむいた仮面が、不意に仕切戸を開けたので、野鍛冶の夫婦はびッくりしましたが、足元を見てそれとわかり
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
箱のような仕切戸から、眉の迫った、頬のれた、への字の口して、小鼻の筋からへかけて、べたりと薄髯の生えた、四角な顔を出したのは古本屋の亭主で。
国貞えがく (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同じ軒下に住んでいる祖父母と叔父夫婦との仲がとかく円滑を欠き、——仕切戸の堅くされたのもそのためらしかった——この親子の二家族も別々になっていた。