“取仕切”の読み方と例文
読み方割合
とりしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「枕山先生の葬式は万事門下の人たちが取仕切ってやったのだという話です。谷中の瑞輪寺へ葬ったのはお寺が近かったからだというはなしです。」
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
そして適當な家を目付けて、其を借りることになツたが、敷金家賃其の他一切の話合て綾さんが取仕切ツて、由三は只其のについて挨拶するだけであツた。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
自分はいい気になって、ずいぶん姉様をもないがしろに取仕切った、それでも姉夫婦は自分が宇津木へ縁づくについてはさまざまに力を入れてくれ、この着物なども姉様が手縫にして下すったもの。
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)