“仏氏”の読み方と例文
読み方割合
ぶっし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏氏のいわゆる生者必滅の道理、今更おどろくは愚痴に似たれど、夜雨孤灯、飜って半生幾多の不幸を数え来れば、おのずから心細くうら寂しく、世になく思わるる折もありき。
父の墓 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)