“介隈”の読み方と例文
読み方割合
かいわい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけても妾の兄御前二人は、此程引続きて悩乱のとなり、長兄は介隈の墓所をき、次兄は妾を石にて打たむと仕るなぞ、恐ろしき事のみ致したる、相次ぎて生命を早め侍りしばかりにて
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)