“今滋”の読み方と例文
読み方割合
いましげ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この稿を草するにして、曙覧令嗣今滋氏特に草廬いて翁の伝記及び随筆等を示さる。って翁の小伝を掲げて読者の瀏覧に供せんとす。歌と伝と相照し見ば曙覧翁眼前にあらん。
曙覧の歌 (新字新仮名) / 正岡子規(著)