“人国記”の読み方と例文
読み方割合
にんこくき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かの最明寺時頼の著と俗称する人国記に、「陸奥は日の本故に、色白うして青みあり」とあるのはこれである。古く既に平安朝初期の新撰姓氏録上表の文にも、奥州のことを「日出之崖」とある。
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)