“京内”の読み方と例文
読み方割合
きやうない100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京内きやうないが里の茶店でお菓子を買つてもらつて、佐次兵衛さじべゑに伴れられて山小屋へ帰つて来たのは、の翌日でありました。
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
紀州きしうの山奥に、佐次兵衛さじべゑといふ炭焼がありました。五十の時、かみさんに死なれたので、たつた一人子の京内きやうないれて、山の奥の奥に行つて、毎日々々木をつて、それを炭に焼いてゐました。
熊と猪 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)