“中務省”の読み方と例文
読み方割合
なかつかさしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この上はと、今までの秘密の裡に事件をつくろってしまおうとした方針を変えて、中務省捕吏の手も借りて、洛内から近畿にいたるまで触れを出した。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも、中務省陰陽寮から出たお話だとすれば、きっとまた何か悪いことが起るに違いないわ。物忌れば、皐月と云う月にはきまってわざわいが現れるのですもの。
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
天台の宗規を破ったとか、横暴だとか、世間からも中務省の役人からも、非難されているのですから、とても、叡山などへ、範宴さまを、お連れくださるわけはありません
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)