“下前”の読み方と例文
読み方割合
したまえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
立っていたのでインキは流れて裏にはみず、裁縫の器用な祖母が下前と取りかえて、工夫をして下すったので、また著られるようになりました。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
また、「いき」な部屋では、床の間と床脇の違棚とにも二元的対立を見せる必要がある。例えば床板には黒褐色のものを用い、違棚の下前にはひしぎ竹の白黄色のものを敷く。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
「何を着せても似合いませんのよ。あら、下前が下っていますわ」
求婚三銃士 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)