“三棹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みさお50.0%
みさほ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
仏壇のある中の間には、マホガニか何かのと、箪笥とが三棹も並んでいて、三味線箱の方においてあった。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
壁には三味線三棹かゝツてゐる、其の下には本箱も二つと並べてある。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)