“一肚皮”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちとひ50.0%
いつとひ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お母あ様程には、秀麿の健康状態に就いて悲観していない父の子爵が、いつだったか食事の時息子を顧みて、「一肚皮時宜に合わずかな」
かのように (新字新仮名) / 森鴎外(著)
予は明子にして、かの満村某の如き、濫淫の賤貨に妻たるを思へば、殆一肚皮の憤怨の処に向つてか吐かんとするを知らず。
開化の殺人 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)