“一嵩”の読み方と例文
読み方割合
ひとかさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それでも彼は相不変悠々と手になど吐きながら、さっきのよりさらに一嵩大きい巌石の側へ歩み寄った。
素戔嗚尊 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
と、このは、私の隣に寝ている。むこうへ、一嵩一寸低く妹が寝ていました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
兄よりは一嵩も大きい、見るから強そうな侍でした。
三浦老人昔話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)