“ハンマー”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鉄槌40.0%
20.0%
鉄鎚20.0%
20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
職工たちは、手に手に鉄槌ハンマーを握り、機械に油をさして、技師長武田博士の来るのを待っているのだ。
昭和遊撃隊 (新字新仮名) / 平田晋策(著)
運動には徒歩競走、障碍競争、跳躍ジャンプ鉄槌ハンマー投、二人三脚その他があった。
モスコーの空高く鎌とハンマーの赤旗が翻ったその日のことを
間島パルチザンの歌 (新字旧仮名) / 槙村浩(著)
……この世には、もっとスバラシイ、偉大な悪魔が実在していないものか知らん……あの叔父のスベスベした脳天へ、鍛冶かじ屋の鉄鎚ハンマー天降あまくだらせるか何かしたら、私は差し詰め悪魔以上の人間になれる訳だけど、しかし、一方から見ると、それは立派な親孝行にもなるのだから何にもならない。
鉄鎚 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
港はいっぱいな陽あたりだった。方々の船で仕事をしているかんかんハンマーの音がうららかだった。トム公のために唄うように、かんかん日和びよりを唄が流れた——
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それはトム公の職業用のカンカンハンマーである。
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)