“ドラゴン”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
62.5%
化竜12.5%
恐竜12.5%
竜騎兵12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ベニスに着いてから、ドラゴンの口が出入り道になっているサイクロレエンに乗りました。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
この六月の巨大な暗黒な反乱が一つの憤怒と一つのなぞとでできていたとすれば、第一の防寨のうちにはドラゴンが感ぜられ、第二の防寨の背後にはスフィンクスが感ぜられた。
真平まっぴらですわ——あんな恐ろしい化竜ドラゴンに近づくなんて。だって、お考え遊ばせな。たとえば私が、その人物の名を指摘したといたしましょう。けれども、そんな浅墓あさはかな前提だけでもって、どうして、あの神秘的な力に仮説を組み上げることがお出来になりまして。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「しかし、この襟布カラーには、勿論誰の顔も現われてはいません。けれども、いずれこの事件の恐竜ドラゴンは、鎖の輪から爪を引き抜くことが、できなくなってしまうでしょう」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「ああ、まるで恐竜ドラゴンの卵じゃないか」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
『……美人ブーダ(口をとがらした)、と竜騎兵ドラゴンは……。』