“イタリー”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:いたりー
語句割合
伊太利87.4%
以太利10.7%
伊国1.0%
伊大利1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ええ、よけいもありませんがまあ日本語と英語と独乙語のなら大抵ありますね。伊太利のは新らしいんですがまだ来ないんです。」
土神ときつね (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
男はマグダの故郷に帰って、立派な紳士になりすましていると同時に、マグダは以太利で有名なになる。り回って故郷へ興行に来る。父母と和解する。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
伊国人だろうか、イギリス人だろうか。いや、イギリス人には、こんな美人はいない。躯の小さいところといい、相当肉づきのいいところといい、ひょっとしたらフランス人じゃないかなあ
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「えゝ、よけいもありませんがまあ日本語と英語と独乙語のなら大抵ありますね。伊大利のは新らしいんですがまだ来ないんです。」
土神と狐 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)