“よんどころなく”の漢字の書き方と例文
語句割合
無拠100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尚如何にしても叺を見出す事能わざるを以て、無拠よんどころなく大声を発して遠き畑に在るの利太郎を呼びて、漸く蕨を入れたる叺を見出したる事あり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
無拠よんどころなく不束ふつつかをも申候まをしさふらふ次第に御座候。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)