“むがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
無蓋71.4%
無害14.3%
無涯7.1%
無碍7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほど、前方五百メートルのところを、たしかに、私たちと同じようなスピードで、街道を走って行く無蓋自動車があった。
人造人間の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
叩き伏せて、キリキリと縛ると、それは何んと、一番無害らしく見えた、丸木屋の次男で、意氣事と雜俳に浮身をやつして居る、若旦那の雪之助ではありませんか。
そして楼蘭を中心とする一帯の発掘に惨憺たる辛苦をなめた上に、更に楼蘭を起点とする古代支那路線をたずね、「塩の結晶の耀無涯曠野
『西遊記』の夢 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
虚心坦懐、去るものを追わず、来るものは拒まずという、未練も執着もない無碍な境地が私の心である。
亡び行く江戸趣味 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)