“無蓋”の読み方と例文
読み方割合
むがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
汽車の線路から、或は、石塊を積載して通過した無蓋貨車の上から、転落したのではないことは其の位置によって明かである。
一枚の切符 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
なるほど、前方五百メートルのところを、たしかに、私たちと同じようなスピードで、街道を走って行く無蓋自動車があった。
人造人間の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
無蓋の二輪馬車は、初老の紳士と若い女とを乗せて、高原地帯の開墾場から奥暗い原始林の中へ消えて行った。
熊の出る開墾地 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)