“まよわ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
目弱66.7%
眉輪33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ここにその大后のさきの子目弱まよわの王一一、これ年七歳になりしが、この王、その時に當りて、その殿の下に遊べり。
「わしはただ一つ、いつも気になってならないことがある。それは目弱まよわが大きくなった後に、あれの父はわしが殺したのだと聞くと、わしに復しゅうをしはしないだろうかと、それが心配である」とこうおおせになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
そこで、大草香の子の眉輪まよわ王は、それをうらんで天皇を殺した。