“ぼちぼち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
点々66.7%
ゝゝ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舌をば出した、めんめをつぶつて点々ぼちぼちも視た。
檜葉ひばもみなどの古葉貧しげなるを望むべき窓の外に、庭ともあらず打荒れたる広場は、唯うららかなる日影のみぞゆたか置余おきあまして、そこらの梅の点々ぼちぼちと咲初めたるも
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ゝゝぼちぼちでは、睫毛まつげふるえる形にも見えない。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)