“ふるもの”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
古物87.5%
古道具12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ふと木之助は「鉄道省払下はらいさげ品、電車中遺留品、古物ふるもの」と書かれた白い看板に眼をとめた。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
「もし、気に入らぬ、断るといわれたら、この小次郎は、もう古物ふるものになるではないか。小次郎はまだ、自分を商品のように売り歩くほど落ちぶれてはおり申さん」
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
異人相手の古道具ふるものは儲かる理窟を知っとるけに
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)