“ふもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
99.0%
0.3%
府本0.3%
麓町0.3%
麓道0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の村へて行ってこの笛を吹くのだ。雪が降って外へ遊びに出られなくても、この笛があれば、吹いて楽しく家で遊んでいられる。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
中村・沢目・蘆谷村と云ふは、岩木山のにして田畑も多からねば、炭を焼き薪をりて、活計の一助となす。此里に九助といふ者あり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
たとえば肥後玉名郡府本村、これは小代山の西麓であると同時に、土豪小代氏の掻揚城の根小屋であったようである。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
智深は悄然麓町へ降りていった。そして、鍛冶屋の隣の旅人宿へ泊りこんだ。さきに鍛冶屋へえておいた錫杖が出来上るのを待ったのだ。そしてやがて半月ほど後に、その出来えが見られた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なんとなく里恋しく、魯智深は墨染の衣に紺の腰帯をむすび、僧鞋を新たにして、ぶらと文殊院から麓道のほうへ降りていった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)