“ふじさん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
富士山73.3%
不二山20.0%
不尽山6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その上、サア・オルコツクは、富士山ふじさんへ登つたり、熱海あたみの温泉へはひつたり、なり旅行も試みてゐる。
日本の女 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
そうして、あちらのそらには、富士山ふじさんが、神々こうごうしく、くっきりとかびあがってえました。
羽衣物語 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「君、不二山ふじさんを翻訳してみたことがありますか」と意外な質問を放たれた。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
小泉八雲こいづみやくも一人ひとりを除けば、かくロテイは不二山ふじさん椿つばきやベベ・ニツポンを着た女と最も因縁いんねんの深い西洋人である。
続野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
衛門 おう! 旦那様! あれは不尽山ふじさんではございませんか! あれは不尽山ではございませんか! (前方右手を指さしている)
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)