“ふいちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
吹聴99.5%
風聴0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまつさえ下婢に向って妾はレデーの資格なきものなりなど余計な事を吹聴せられ候由、元来右はいかなる御主意に御座候や伺度候。
倫敦消息 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
門人が名主をしていて、枳園を江戸の大先生として吹聴し、ここに開業のに至ったのである。幾ばくもなくして病家のえた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
母親は眼も口も一ツにして大驩び、尋ねぬ人にまで風聴する娘自慢の手前味噌りにを垂らしていた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
この物語のにちょいと噂をした事の有るお政の知己須賀町のお浜」という婦人が、近頃に娘をさる商家へ縁付るとて、それを風聴かたがたその娘をれて、或日お政を尋ねて来た。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)