“ひばり”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒバリ
語句割合
雲雀99.4%
鶬鶊0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それはあたかも燃ゆるに似ていた。そしてこの燃えたつ盆地のまん中から、種子と日光とに酔った一羽の雲雀が舞い上がっていた。
雲雀が方々の空で鳴いている。多くはこれも自分の畠を持っていて、他処へ出て行かぬ時ばかり、最も自由にり得るものらしい。
この歌の左に、「春日遅遅として、鶬鶊正にく。悽惆の意、歌にずば、ひ難し。りて此の歌を作り、ちて締緒ぶ」
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)