“ひとりだち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一人立50.0%
独立25.0%
單身立25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と黒犬に見える、——その隣室の襖際と寝床の裾——皆が沖の方を枕にしました——裾の、袋戸棚との間が、もう一ヶ所で、裏階子へ出る、一人立の口で。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「小野田さんと二人で、ここでついた得意でも持って出て、早晩独立になるつもりで居るんだろうけれど、あの腕じゃまずしいね」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「医者に勧められて湯治に来たといえば、それで済むんだよ。事によったら、上さんあの店を出て、この人にをやってもらって、独立でやるかも知れないよ」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
……それから十一其時になァ單身立をさっしゃりましたぢゃ、いや、彼方此方駈𢌞らッしゃって