“はべ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昔より天下の乱るゝことはれど、足軽といふ事は旧記にもしるさゞる名目なり。此たびはじめて出来たる足軽は、超悪したる悪党なり。
応仁の乱 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
法海和尚は「今は老朽ちて、あるべくもおぼえらねど、君が家のしてやあらん」と云って芥子のしみた袈裟りだして
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
また心き事りき、その大臣の娘しき、たく世に双人なかりき、鑑真和尚の、この人千人の男に逢ひ給ふ相すとはせしを