“とうらい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
到来55.6%
東莱33.3%
当来11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあに、これは、もうせんにとっといたのよ。」と女中はいいました。「到来とうらいものやなんかがおおくって、おくでめし上がらなかったもんで、しまっといてくさらしちゃったのさ。」
水菓子屋の要吉 (新字新仮名) / 木内高音(著)
という歌は子供も知っているが、月給の増すのをもって目的とし人生の理想なりと解釈しておるならば、「ことたるこそやすけれ」というような、安心の時代はとうてい到来とうらいせぬであろう。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
東莱とうらいの太史慈は、君の如き小輩を斬る太刀は持たない。わが馬に踏みつぶされぬうちに、く逃げ帰って、孫策をこれへ出すがいい」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東莱とうらい太史慈たいしじとは我がことよ。孫策を手捕りにせんため、これまで参ったり」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これは専念に当来とうらい浄土じょうど渇仰かつぎょうすべき僧侶そうりょの身で、鼻の心配をするのが悪いと思ったからばかりではない。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)