“つかまつ”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ツカマツ
語句割合
100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「路相ひらき、中土より充実り候うへ、四方へ出張候形勢に相成り、東西南北とも自在に救応出来、左右前後控制仕り候ほどの形勢」
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
富「へい、お召に依って權六罷出ました、お目見え仰付けられ、權六身に取りまして此の上なく大悦り、有難く御礼申上げ奉ります」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「どうりまして——」支配人は軽く頭を下げた。この男は長年カアネギーに使はれてゐるだけに、よく富豪の気心を知つてゐた。