“たかはし”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
高橋71.4%
高梁21.4%
高楷7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其所坪井博士は、石田理學士大野助手野中事務員同行して、電車られた。いて帝室博物館員高橋平子和田諸氏る。
岡山県高梁川河口の乙島にいた警官は、地震の時南東方向の海上が明るく光って、十五メートル位離れている人が分かるほど、一面に明るかったと言う(岡山県下被害踏査報告)。
地震なまず (新字新仮名) / 武者金吉(著)
「兄さん」と弟の佐久馬が手にした書物を見て云った、「これはなんと読むのかな、御なんとか花記というこれ、高楷宗恒という人の」
(新字新仮名) / 山本周五郎(著)