“そいつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
其奴96.9%
倦怠期1.0%
其壺1.0%
印象1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
スルト其奴が矢庭にペタリ尻餠をいて、狼狽た眼を円くして、ウッとおれのを看た其口から血が滴々々……いや眼に見えるようだ。
「なんでもいいや。早く其壺を出さねえか」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しかも印象がぐつぐつと胸の底のへんになわっている有様は、一日一晩オーヴンの中へ入れっぱなしで醗酵させた麦粥にことならず、——だからつまり、書く物のなかへだって