“じかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
時間96.6%
時艱1.7%
地燗0.8%
耳肝0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
森山は、諭吉のねっしんなたのみをきいてはくれましたが、幕府仕事がいそがしくて、おしえてくれる時間がなかなかありません。
時艱に耐うる天質のいとど薄い蜀帝をして、この安逸へ歓楽へと誘導するに努めていたものが、黄皓などの宦臣の一群であったことはいうまでもない。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その徳利から、さきに借りた茶碗へで一杯ついで、それを一口飲んでから茶碗を畳の上へ置いて、徳利を炭火の端へ突込んで地燗をするように仕掛けました。
これはミルトと申しでござる。医経に申す、五臓六腑、肺の六葉、両耳肝の左三葉、右四葉などの説とは、似ても似ぬことでござる。
蘭学事始 (新字新仮名) / 菊池寛(著)