“しんばんく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
辛万苦50.0%
辛萬苦50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白「其処でどうも是迄の身の上では、薄氷むが如く、の上を渡るような境界で、大いに千辛万苦をした事がわれているが、そうだろうの」
め千辛萬苦して首尾能兄の敵を討し段に女丈夫共云べし又友次郎事も花を助け敵をせし段信義するに餘り有依て父佐太夫に申勘當を免させ今より花と夫婦になり松田の家を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)