“しろもめんとう”の漢字の書き方と例文
語句割合
白木綿等100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼み置かれよ燒酎鷄卵白木綿等の用意を頼むなり其入用は某しが出すべしとて後藤は路金を胴卷亭主に預けおき悉皆く用意を申し付て強刀し鐵の延棒引提熊谷堤を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
扨寶珠花屋八五郎は後藤の出行し早々下男の彌助にいひ燒酎鷄卵白木綿等買調へ夫より外科へ怪我人ある趣き申し招きけるに醫師は幸ひ在宿なればとて彌助に藥籠
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)