“しりあて”の漢字の書き方と例文
語句割合
尻当100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(どッこいしょ、)と暢気なかけ声で、その流の石の上を飛々に伝って来たのは、茣蓙尻当をした、何にもつけない天秤棒を片手で担いだ百姓じゃ。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(どッこいしよ、)と暢気なかけで、飛々つてたのは、呉座尻当をした、にもつけない天秤棒片手いだ百姓ぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)