“しらくらやま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白倉山50.0%
白鞍山50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しともだ異し! く往きて、疾くらんと、に乗りて、白倉山塩釜高尾塚離室甘湯沢兄弟滝玉簾瀬小太郎淵に高きは寺山、低きに人家の在る処
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
一 遠州奥山白鞍山は、浦川の水源なり。大峰を通りそ四里、山中人跡なり。神人住めり。俗に山男と云ふ。雪中に其跡を見て盛大なることを知る。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)