“しょうまんきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
勝鬘経100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
またある太子天子さまの御前で、勝鬘経というお講釈をおはじめになって、ちょうど三日めにおがすむと、の上から三のあるきれいな蓮花って
夢殿 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
勝鬘経』に曰く
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)