“しゆていり”の漢字の書き方と例文
語句割合
守庭吏100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
〔評〕南洲壯時角觝を好み、に壯士と角す。人之をしむ。其守庭吏と爲るや、中に土豚けて、掃除とせず。
〔評〕南洲守庭吏と爲る。島津齊彬公其の眼光烱々として人をるを見て人に非ずと以爲ひ、拔擢して之を用ふ。公て書をり、南洲に命じて之を水戸公に致さしめ、初めより封緘を加へず。