“しゅうく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
衆苦33.3%
醜句33.3%
醜躯33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれ一人衆苦しゅうくの大海に、没在ぼつざいしていると考えるのは、仏弟子ぶつでしにも似合わぬ増長慢ぞうじょうまんじゃ。
俊寛 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「どうです、一句出ましたぜ、洪水に女のももの白きかな——ハッ、ハッ、いかがでげす」などと、嘔吐へどのごとき醜句しゅうくを吐き出せば、かたわらの痩男は小首をひねって、
本州横断 癇癪徒歩旅行 (新字新仮名) / 押川春浪(著)
あたしは夫の醜躯しゅうくを、背後うしろからドンと突き飛ばしたい衝動にさえ駆られた。
俘囚 (新字新仮名) / 海野十三(著)