“しぼりがき”の漢字の書き方と例文
語句割合
絞描100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白釉、黒釉、柿釉釉、青釉、緑釉、海鼠釉、辰砂釉、青磁釉等これが流し釉であったり三彩であったりする。このほか窓釉、絞描、染附、象嵌等がある。
現在の日本民窯 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
弘前近くに「悪戸焼」がありまして絞描で巧みに絵を描きましたが、惜しくも歴史は中絶しました。近年新しく一基が市内に設けられましたが、よき生長を望みます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
近年この窯で鉄釉の地に絞描で線を引いた丼鉢を作りました。大型も小型もえます。調子がだよく、どんな台所に入っても、また卓上で用いられてもよいでありましょう。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
品物もあらゆるものに及び、技法もあらゆる変化に及びます。堅い磁器から柔かい楽焼、白い白磁、青い青磁染附、赤の上絵、または象嵌絞描流釉天目緑釉海鼠釉、その他何々。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)