“しばたごんろく”の漢字の書き方と例文
語句割合
柴田権六100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まずこれで伊勢は片づけた、——つぎには柴田権六か、きゃつも、ソロソロのように、雪国のから首をだしかけておろう……」
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柴田権六召使われていたころは、つねに、めようとする敵地へ先へはいって、そこの地勢水理をきわめておくのが自分の仕事であった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
北国路とて同じこと、柴田権六、ちかくまで軍兵をだして、には厳重をかまえているように聞きますゆえ、ここを通るも難中の難でござる。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柴田権六と、小姓の犬千代など、四、五名をつれていた。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)