“しのばずちはん”の漢字の書き方と例文
語句割合
不忍池畔100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
徳太郎とくたろうと千きちとが、不忍池畔しのばずちはん春草亭しゅんそうてい駕籠かごめたのは、それからもないあとだった。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
涼やかな軟風なんぷうにさざなみを立てている不忍池畔しのばずちはんの池添い道を、鉄色無地の羽二重はぶたえの着流し姿に、たちばなの加賀紋をつけた黒い短か羽織茶色の帯に
艶容万年若衆 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)