“しかみひばち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
獅噛火鉢66.7%
獅顔火鉢33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これより先、道庵の家の一間で、中に火の入れてない大きな唐銅からかね獅噛火鉢しかみひばちを、盲法師めくらほうしの弁信と、清澄の茂太郎が抱き合って相談したことには、
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
その通り。……この度の参宮には、都合あって五二館と云うのへ泊ったが、内宮様ないぐうさまへ参る途中、古市ふるいちの旅籠屋、藤屋の前を通った時は、前度いかい世話になった気で、薄暗いまで奥深いあの店頭みせさきに、真鍮しんちゅう獅噛火鉢しかみひばちがぴかぴかとあるのを見て、略儀ながら、車の上から、帽子を脱いでお辞儀をして来た。
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
自己おのれ仮声こわいろのどこそこで喝采やんやを獲たる自慢、あげられぬ奪られるの云い争いの末何楼なにや獅顔火鉢しかみひばちり出さんとして朋友ともだちの仙の野郎が大失策おおしくじりをした話
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)