“しうもん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宗門66.7%
愁悶33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あとくと宗門しうもん名誉めいよ説教師せつけうしで、六明寺りくみんじ宗朝しうてうといふ大和尚だいおしやうであつたさうな。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「御禁制の宗門しうもんだよ。雪駄直しの巳之松を使つて、手紙をやり取りしたり、集まる場所を打ち合せて居たんだ。仲間の割符わりふはあの四つ瓣の梅の眞鍮札さ、中に彫つてあるまん字、四つ瓣の花形、皆んな十字架クルスぢやないか」
大家の主人らしい闊達くわつたつさのうちにも、諦め兼ねた愁悶しうもんが太い眉を曇らせます。
銭形平次捕物控:239 群盗 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
PR